デイサービス エノケン唄めぐり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 活動履歴2007/1/23株式会社ケアサービスデイサービスセンター八幡山

<<   作成日時 : 2007/01/28 23:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 朝9時。晴天。マフラーをまいて出掛けた。
 八幡山駅に行くまでにこんなことがあった→http://entake78.at.webry.info/200701/article_5.html
 八幡山駅に到着。地図を確認して、会場へ向かう。場所を確認して、水を買うため自動販売機を探した。水を買って会場へ向かった。
 会場に入ると、控え室に通していただき、お茶をいただいた。控え室から会場の様子がうかがえた。おばあさんが新聞の広告を見ている。職員さんが今日のスケジュールを発表していた。「午前は、ゲストによる歌、午後は映画」だとか。「今日一日はそんなスケジュールだから、これから少し体を動かしましょう」と言って、皆さんで体操しておられる。
 11時。ステージへ呼ばれた。10名ほどの方々がイスに座っていらした。
 大変緊張して、早口でしゃべってしまった。自己紹介をして、洒落男を歌った。歌い終わると、拍手をいただいた。
画像

 続いて月光価千金とベアトリ姐ちゃんを歌った。
 「次は、昭和の歌ベスト200曲という番組で、投票で第1位に選ばれた歌です」と言って、タイトルを言わずに「青い山脈」を歌った。
 前奏を口ずさみ、歌い始めると、職員さんが手拍子をはじめてくれた。それにつられて、皆さんも手拍子をしていただいた。口を動かしている方もおられた。
 続いて、銀座カンカン娘を歌い、東京ブギウギを歌った。
 おーい中村くん、を歌うと、職員さんが、あるおばあさんに耳打ちをしていた。その耳打ちにおばさんは笑っていた。歌い終わると、その職員さんが「こちらは中村さんです」とおっしゃる。
 上を向いて歩こう、を歌った。大きな拍手と、笑顔で口ずさんでいる方がいた。
画像

 左手側の前にいた方の歌声も聞こえてきた。
 右手側にいたおじいさんは、そっぽを向いたりしていたけれど、歌の後は拍手をしてくださった。上を向いて歩こう、では、誰に言われるでもなく、手拍子をしてくれた。
 左手側にいたおじいさんは、エノケンを浅草の舞台で見たことがある、とおっしゃっていた。
 会場の奥の方では、おじいさんが一人で将棋を打っていた。
 月の砂漠、赤とんぼ、を皆で歌った。
 そして、私の青空を歌い、リンゴの木の下でを歌った。
 ステージを終えて礼をすると、左手側にいたおばあさんが、「お疲れ様でした」と声をかけてくれた。

 控え室で、お茶とお菓子をいただいた。
 そして、所長さんに、送迎で使っているワゴン車で、次の会場の経堂へ送っていただいた。以前、千歳船橋駅付近に住んでいたこともあり、なつかしい風景を通り、経堂へ向かった。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
活動履歴2007/1/23株式会社ケアサービスデイサービスセンター八幡山 デイサービス エノケン唄めぐり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる