デイサービス エノケン唄めぐり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 活動履歴2007/1/25株式会社ケアサービスデイサービスセンター奥沢

<<   作成日時 : 2007/02/01 00:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 デイサービスセンター駒沢から電車で奥沢へ向かった。
 会場へ到着すると、駒沢の所長と奥沢の所長と食事に出かけた。開演時間が迫っていたので、急いで食べた。
 会場に戻り、4分で支度を終え、ステージへ向かった。拍手と笑顔で迎えていただいた。
 今日は4回目。見慣れた顔、初めての顔があった。前回まで3回ともお逢いしていたおばあさんがいないのは、寂しかった。
 洒落男を歌った。皆さんの顔を見て歌うと少し恥かしいので、顔は見ないんですが、クスクス笑ったり、笑顔で聴いているのは、分かった。
画像

 月光値千金やベアトリ姐ちゃんも笑顔で聴いていただいた。モンパパは大笑いしていただいた。
 左手後にいたおばあさん2人は何度も「今日はきてよかったね」と笑顔でおっしゃっていた。ぃや〜うれしい。
 最前列左手側にいたおばあさんは、僕は今日は2ステージ目ですと言うと、歌を歌い終える度に「どうもご苦労様です」と頭を下げて、ねぎらってくれた。
 僕の目の前にいた、白髪のおばあさんは、最初の頃は元気に声をかけてくださっていたけれど、ステージが進むにつれて、静かになっていった。寝ておられた。
 テレビ番組で心に残る昭和の歌、第1位に選ばれた話をして、タイトルを言わず「青い山脈」を歌った。最初は、皆さん、何の曲だろう、という顔をしてらしたが、前奏のメロディーを口ずさむと、あー、という顔をなさった。そして、一緒に歌った。
 銀座カンカン娘、東京ブギウギを歌った。東京ブギウギは、リズミカルな歌なので疲れたなと思ったら、先程のおばあさんに「ご苦労さまです」と頭を下げてもらった。
 「冬なのに汗をかきます」と言いながら、汗を拭き、水を飲んだ。それだけなのに、笑っておられた。
画像

 「リンゴの唄を歌います」と言うと、後ろの方に座っていたおばあさんが「リンゴ〜の花びらが〜」と歌った。僕は「それは、美空ひばりさんのリンゴ追分ですよ。リンゴの唄は、赤いリンゴに唇を寄せるやつです」と言って、リンゴの唄を歌った。
 ステージの途中で、おじいさんがお風呂から上がってきて、途中から聞いておられた。(おそらく)4回ともご覧になっているおばあさんは、お風呂に行った。
 月の砂漠、赤とんぼ、私の青空、リンゴの木の下で、を歌った。リンゴの木の下では、名残惜しい雰囲気の中、皆で歌った。

 職員さんの控え室で、帰り支度をして、おやつをいただいた。
 今日初めてお会いした、介護支援専門員(?)の方と、お年寄りの方々と接しているそれぞれの体験したことなどをお話した。耳の遠い方でも、高音が聞き取りずらい方、低音が聞き取りずらい方の話や、僕はステージで感じたことなどをお話した。
 そして、その方から、「サンクスカード」にメッセージを書いて、頂いた。「楽しいステージをありがとうございます。またぜひよろしくお願いします」と書かれていた。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
活動履歴2007/1/25株式会社ケアサービスデイサービスセンター奥沢 デイサービス エノケン唄めぐり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる